仕事で行き詰ったとき何回も読み返した漫画

はじめは宇宙物が好きで軽い気持ちでこの漫画を読み始めました。そしたらどはまりしてその日に大人買いで全巻そろえてしまいました。おもわず、セリフに熱くなったり、プププと笑ったり、登場人物と共に泣いたりします。だれもが一度は小さいころに夢をもち、大人になる途中で「あーつらい諦めよう、どうせ自分には無理だ」そう諦めてしまった夢についてもう一度やってみようかな、そう思える作品です。主人公の南波六太は”ドーハの悲劇生まれ”のお兄ちゃん。もともとすごく優秀なのにどこかネガティブで夢である宇宙飛行士をどうせなれっこないと諦めてしまいます。六太の弟、日々人は兄に劣らず優秀。そしてとてもポジティブで変わり者。六太と同じく宇宙飛行士になりたいという夢を持ちます。日々人は自分を信じて努力を重ね、小さいころからの夢だった宇宙飛行士になります。しかしそのころの六太は宇宙飛行士をあきらめ自動車会社に勤務。さらに、弟の日々人を侮辱されたことで怒って上司を殴ってしまい会社をくびになり無職に……。そんな兄の六太に日々人はもう一度夢を実現させよう、宇宙飛行士になろうと誘います。そして六太はついにかつての夢であった宇宙飛行士を目指して一生懸命努力し、時に失敗したり挫折したり、悩んだりしながら月を目指します。合わない上司だったり無理難題をつきつけられたり、友人と競わなくてはならなかったりそんな現実世界と同じような問題を六太も苦しみながら解決していきます。そんな六太の後ろ姿に自分を重ねて日々仕事をしています。読むと明日からも頑張ろう、そう思える漫画です。女性ホルモンを増やしたいけどおすすめサプリは?

クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶオトナ帝国の逆襲

私はクレヨンしんちゃんの映画に子供の頃影響されていました。クレヨンしんちゃんはいつもおバカなことをしている幼稚園児です。ですが、クレヨンしんちゃんはかっこいいと思っていました。自分がそうだと思ったことで行動しているからです。周りも空気も気にせず自分が正しいと思ったことに一直線に一生懸命頑張っている姿に憧れていました。特に影響を受けたのはクレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲です。ひろしとみさえが子供に戻り自分達で行動しなければならないとき帝国の大人たちに惑わされずにひろしとみさえを助け出しました。たった5歳の子供が大人に立ち向かう姿を面白おかしく描かれていましたが、とてもかっこよったです。春日部防衛隊との協力も仲間はいいものだと感じました。この映画で1番印象的なシーンでクレヨンしんちゃんがタワーを転がりながらも必死に走って騙されている大人たちを助けようとしたところで自分もクレヨンしんちゃんのようになりたいと思った記憶があります。クレヨンしんちゃんはいつも怒られてばかりですが、クレヨンしんちゃんほど、ちゃんと大事なことが見えている人は少ないと思います。年齢を重ねるにつれて立場や周りを気にしてしまうようになりました。今からでもクレヨンしんちゃんを見て自分の本当の大事なことを見つめ直したいとも思います。大人になってから見たら、きっと違う視点から影響されることもあると思うのでもう1度この映画を見直すこともいいと思います。BIHAKUの評判が知りたい

小学生の頃夢中になったアニメ

私が小学生の頃、夢中になって見たアニメがあります。それは、勇者ライディーンです。
ほとんどのロボットアニメは、その時代の科学力で作られています。しかし、ライディーンは古代ムー大陸のオーバーテクノロジーで作られたロボットです。当時としては、珍しかったです。現代よりも科学力が優れていたムー大陸という古代文明が実在した可能性もあるので、小学生の私は、大興奮しました。
特に、主人公がバイクから飛んでロボット中に入り込むシーン(フェードィン)がとてもカッコよく感じてました。自転車で、フェードィンのポーズを真似して遊んでいました。
当時のロボットアニメは、小型機がロボットの頭部になったり、小型機がロボットに格納されたりするのが主流でした。
生身の人間だけが、ロボットの外部から透過して入り込む設定は、とても斬新でした。
操縦席まで、すべり落ちていシーンが衝撃的でした。ロボットなのに、まるで人間の体内のような内部だったからです。少し不気味さを感じてました。
また、ライディーンの必殺技もインパクがありました。ロボットから飛行形態に変形し、敵に体当たりするゴッドバードがカッコよかったです。
相手の急所をサーチして確実にしとめる非情さが、小学生の私には、残酷にも思えました。
最強の必殺技のゴットボイスを使った時の破壊力に、恐怖しました。敵だけなく、操縦者の主人公までダメージを受けるアニメの設定が斬新でした。
勇者ライディーンは、当時のアニメの中では珍しい設定だったので夢中になって見ることができました。脱毛石鹸を実際に使った人の口コミは?